読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016.11.1 ルッキー

最近、高校生の試験監督のバイトをよくしてる。

一生懸命に試験を受けている高校生を見ると、4年前の自分を思い出す。充実してたような、苦しかったような、まあ、青春の一ページなんかな。

 

工業高校に進学した。

家から近かったから、当時付き合ってた人がこの高校に行くから、半々の理由で進学した。馬鹿やな。

18になったら就職して、田舎で一生過ごしていくんやろうなと、ぼんやり考えてた。17の時やったかな、工場見学をした時に、漠然と自分には向いてないなーと思った。親父が工場で働いているのもあって、キツいのは聞いてたし。

そこから学校の先生方ににお世話になり、塾の先生にお世話になり、クラスの友達も応援してくれて、本当に人の温かさっていうか、自分は一人で生きてるんじゃないなって実感した。月並みな言葉やけど。感謝しかない。両親の大きさを知ったのは、この時から。

 

 

今は京都の大学に通っている。もう4回生。時が経つのは本当に早いな。

色々な人に出会った。素晴らしい人も、そうでない人も。人の縁こそが、大学に来て良かったなと思う。

特に、同じマンションの2階に住む友人。色々なカルチャーに詳しくて、沢山のことを教えてもらった。前回のブログに書いたブログRadioheadもその一つ。

 

10年近く大学受験をする人がいない高校で、頑張ってよかったと思う。

自分はどんな環境でも努力できるってことが今の糧になってるし、さっきも書いたけど、色々な人に出会えてよかった。

 

 

自分には夢がない。厳密に言うとあるのかな?ぼんやりしてる。

大学の友人たちは、夢を追いかけてる。それを羨ましく思う。

 

自分にはなにができるのかな?何が好きなのか。

安定した生活がしたいのか、不安定でも、刺激のある生活がしたいのか。

ぐるぐるぐるぐる。頭の中を、小さなうにょうにょした虫が這うように、毎日駆け回ってる。

 

 

・・・

今日は、ルッキーの誕生日。

生きてたら何歳になるんやろ、12歳かな。

ルッキーも縁で出会って、俺にたくさんの大切なものをくれた。

俺が何十年後かにあの世にいったら、真っ先に迎えに来ておくれ。

 

その日まで、ルッキーの分も頑張って生きようと思う。 ってのは人間の傲慢かな。